D-Link DIR-615がオンにならない。電源インジケータが点灯し、すべてのLANが点滅しています。ファームウェアを復元するにはどうすればよいですか?

D-Link DIR-615がオンにならない。電源インジケータが点灯し、すべてのLANが点滅しています。ファームウェアを復元するにはどうすればよいですか?

それは私がパスワードをwifiに変更したかった、パスワードが正常に変更された、利用可能なアップデートの通知を見た、アップデートが完了した(アップデートタイマーが画面上で消えた)後、電話からすべて行われた、ルーターが明らかに再起動した、電源のみがオンですべてが交互に点滅しているという事実から始まりましたLAN 1 、2、3、4。

リセットを介して設定をリセットすると結果が得られますが(power internet lan1がオン)、192.168.0.1を介して接続することはできません。

その後のデバイスの再起動は、質問の最初につながります。

回答

点滅中に何らかの不具合が発生したようです。何か問題が発生し、D-Link DIR-615がオンになりません。電源インジケーターのみが点灯し、すべてのLANインジケーターが点滅している場合は、プログラムに間違いなく何らかの問題があります。Failsafe UIから復元を試みることができます。詳細な手順はありませんが、これを行う方法を説明しようと思います。

  1. ステッカーの下部にあるD-Link DIR-615のリビジョンを確認しています。ftp://ftp.dlink.ru/pub/Router/DIR-615/Firmware/リンクをたどり、ファームウェア(.bin拡張子のファイル)をダウンロードしてください。
  2. コンピューターをルーターにネットワークケーブルで接続します。コンピューターのWi-Fiをオフにします(ある場合)。
  3. 次に、コンピューターで、ネットワークアダプターの静的IP設定を設定する必要があります。これを行うには、Win + Rキーの組み合わせを押し、ncpa.cplコマンドを入力して、[OK]をクリックします。アダプター「ローカルエリア接続」(Windows 10の場合は「イーサネット」)を右クリックし、「プロパティ」を選択します。以下のスクリーンショットのように設定を変更します。

    D-Link DIR-615:電源インジケーターがオンでLANが点滅している IPアドレス:192.168.0.2。マスク:255.255.255.0。デフォルトゲートウェイ:192.168.0.1。

  4. 設定をリセットした後、電源インジケーター、インターネット、および1つのLANがオンのときに、D-Link DIR-615をモードに入れることができると書いています。これを実行して、ステップ6に進みます。うまくいかない場合は、すべてを順番に実行してください(5-6ステップ)。
  5. さらなる注目!ルーターの電源を入れる必要があります。リセットボタンを鋭利なもので固定し、押し続けます。ルーターの電源をオフにしてからオンにします。リセットボタンをさらに20秒間押し続けます。
  6. [リセット]ボタンを離した後、ブラウザでアドレス//192.168.0.1を開こうとします  。別のブラウザで試すことができます。
  7. Failsafe UIメニューが表示されます。

    フェイルセーフUIによるD-Link DIR-615リカバリー「参照」ボタンをクリックして、ファームウェアを選択し、更新プロセスを開始します。

  8. ルーターが再起動し、新しいファームウェアで収益を得るはずです。

Failsafe UI経由でD-Link DIR-615を復元できない場合は、FTP経由の別の方法があります。手順はインターネットで入手できます。